ガリレオ 温度計&ストームグラス 「不思議な化学変化や現象をインテリアで楽しめる」 

ストームグラスは19世紀初頭にヨーロッパにて航海時に気象情報を予測するのに使われていました。
複数の化学薬品をアルコールに溶かしてガラス容器に詰めたもので、天候によって結晶の様子が変化すると言われています。
英国海軍のロバート・フィッツロイ提督が、この装置を詳細に研究したことから、
別名「フィッツロイの気象計」とも呼ばれています。
実際には気象状況と液体内部の結晶化の関連性については、科学的には解明できておりません。
正確な気象情報を予測する為にはお使いできませんが、
周りの気象環境の変化によって液体と結晶がユニークに変化しますので、
観賞用のインテリアとしてお楽しみ下さい。

物理学者のガリレオ・ガリレイは液体の比重が気温によって変化することを発見。
その原理を使ってこの温度計は作られております。
気温によって上下するガラスの球体が気温を示します。
実際の気温は上層部に浮いているガラス球体の最下段のガラス球体に付いているプレートで読み取ります。
艶のある木枠がモダンで華やかな印象のインテリア温度計です。
オブジェとしてだけでなく、きちんと機能性も備えたなんともユニークなインテリア“Fun Science”(ファン・サイエンス)シリーズの温度計。

➔他の宝塚情報はこちら (ブログランキング)
➔他の小遣い情報はこちら(ブログランキング)
➔他のゲーム情報はこちら(ブログランキング)