おせち料理 『2021年』おせち料理の種類といわれをご紹介します

おせち料理とは

お正月の楽しみのひとつでもあるおせち料理。特別なメニューが重箱に詰められ、見ているだけでも華やかな気持ちになります。今では伝統的なメニューに、現代らしい洋風メニューや縁起物が加えられ、伝統と豪華さが融合したものが多く見られます。
それぞれのメニューには、五穀豊穣や無病息災などの意味が込められ、まさに幸先のよい年明けを祝うのに欠かせない料理なのです。

おせちの由来

歳神様に捧げる供物としての料理が「おせち」。「節目の日のための供物」という意味から「御節供(おせちく、おせつく)」と呼ばれたのが語源。
これが、江戸時代になり、節句や新年を祝う行事として日本全土に広がっていきます。そして、五節句の中でも特に重要なお正月の料理を「おせち」と呼ぶようになり、家族や親族と供することが風習となりました。
江戸時代に広まったのは根菜類の煮物を中心とした質素な料理で、作り方もシンプル。これに、さまざまな縁起物が加えられるようになり、現代の豪華なおせち料理となりました。

おせち料理の分類は全部で5種類

おせち料理は日本の懐石料理と同じくコース料理のようになっており、大きく分けて、「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類で、それぞれの料理におめでたい意味やいわれがあります。

おせち料理の種類は全部で20~30種類

地域によって品数は異なりますが、すべて揃えると20~30種類にも及びます。

代表的なものを、おめでたい意味やいわれと共に紹介していきます。

黒豆「まめ」とは、何ごとにも精を出す様子や丈夫な身体を表します。そのことから、「まめに働き、丈夫に過ごせるように」との願いが込められているのです。さらに、黒い色が、「1年の災いを祓う」とされていたり、わざとシワができるように煮ることで、「シワができるほど長生きできる」との意味を込めていたりする地域もあります。

数の子たくさんの卵が寄せ集まっていることから、「子孫繁栄・子宝成就」などの意味が込められています。

田作り(ごまめ)田作りは、干した小魚を醤油などで煮付けたものです。昔は、田んぼの肥料としてイワシを使っていたため「田作り」と呼ばれ、五穀豊穣を願って食されます。また、関西では「ごまめ」と呼ばれることもありますが、これは「御健在(ごまめ)」の意にあてたものです。

玉子(伊達巻き)伊達巻きは長崎から伝わったもので、「伊達な(派手)な巻物」から来ているという説があります。巻物の形をしていることから、「学問成就や頭がよくなるように」という意味が込められています。

紅白の彩り(紅白かまぼこ)かまぼこの半月型が「日の出」に似ていることや、彩りが鮮やかで縁起がよいことなど、おせち料理にはなくてはならないもののひとつです。紅は魔除けや慶び、白は神聖さを表しています。

栗きんとん見た目の鮮やかさが黄金色に輝く財宝をイメージさせることや、「勝ち栗」で縁起がよいとされ、豊かさと勝負運を願って食されます。

ごぼうごぼうは、土の中で育つもの。そのため、「家業が根付く」という意味や、「家族の土台がしっかりする」という意味が込められています。

煮物おせちの中でも代表的な煮物は「煮しめ」と呼ばれるほか、北海道では「うま煮」、九州地方では「筑前煮」などと呼ばれます。家庭によって味付けが違うのはもちろん、地域によって具材にも違いがあります。
里芋は、種イモからたくさんの子イモができることから、「子宝に恵まれるように」。根菜類と鶏肉などを一緒に煮ることで「家族が仲良く一緒に結ばれるように」。結びこんにゃく(手綱こんにゃく)は「手綱を締める」という意味や「縁結び」の意味が込められています。